ホワイトニング・詰め物、被せ物

歯の色を気にすることなく
いつでも「素敵な笑顔」を浮かべられるようになるために

ホワイトニング

ホワイトニングについて

「ホワイトニング」とは、加齢や生活習慣により変色してしまった歯を、専用の薬剤で内側から漂白し美しくする治療方法です。歯科医院で歯科医師によって行われる「オフィスホワイトニング」と、患者さんがご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があり、両方行うものを「デュアルホワイトニング」と言います。
当院では、基本的に「オフィスホワイトニング」のみの治療は行っておりません。「ホームホワイトニング」か「デュアルホワイトニング」のいずれかをお選び頂いています。「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」それぞれにメリット・デメリットはあるのですが、「効果」また「効果の持続性」という点では、「ホームホワイトニング」の方が優位であると考えています。そのため当院では、「オフィスホワイトニング」を「ホームホワイトニング」の補助的な治療として行っています。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

メリット
  • 患者さんが自分のペースでホワイトニングすることができる
  • 治療後の後戻りが少ない
  • 歯にかかる負担が少ない
デメリット
  • 患者さんが自分で治療を行わなければいけない
  • 効果が実感できるようになるまでに、時間がかかることがある(患者さんの歯の状態によって異なります)
  • 「ホームホワイトニング」用のトレーを装着した時に、違和感が生じることがある
  • 白さの度合いが調節しにくい

当院はホワイトニング用の薬剤を個人輸入しています

「ホームホワイトニング」は患者さんご自身がご自宅で行うため、スムーズに治療を進行させるためには「薬剤の扱いやすさ」が重要となります。当院では患者さんでも扱いやすく、それでいて効果の高い薬剤を個人輸入していますので、快適かつ満足のいく形で「ホームホワイトニング」を受けて頂くことができます。また、濃度の異なる薬剤も複数取り揃えておりますので、「薬剤が歯にしみる」場合には低濃度の薬剤をご提供させて頂きます。

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物について

詰め物・被せ物とは、加齢や事故、むし歯や歯周病の治療などにより欠損した歯の部分に「詰め物(インレー)」を詰めたり、「被せ物(クラウン)」を被せたりすることで、お口の機能性や審美性を高める治療方法です。「詰め物」「被せ物」として使用される素材には、「オールセラミック」「ジルコニア」「メタルボンド」などがあります。「むし歯治療で入れた銀歯が気になって、人前で笑えない」とお悩みの方は、色が目立ちにくいセラミック素材の「詰め物」「被せ物」に付け替えることで、歯の色を気にすることなく笑顔が浮かべられるようになります。

当院が取り扱う詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

セラミックのみで作られた詰め物・被せ物です。

メリット
  • 天然歯に近い白さを再現することができる
  • 耐久性に優れている
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心して使用することができる
デメリット
  • 金属と比べると強度が劣る
  • 天然歯よりも硬いので、噛み合う歯を傷つける可能性がある
  • 自費治療となるので、治療費が高額になる場合がある
ジルコニア

「オールセラミック」の一種で、「ジルコニア」という人工ダイヤとしても使用される素材で作られた詰め物・被せ物です。

メリット
  • 天然歯と比べても遜色のない色合いに仕上げることができる
  • 耐久性に優れている
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心して使用することができる
デメリット
  • 天然歯よりも硬いので、噛み合う歯を傷つける可能性がある
  • 自費治療となるので、治療費が高額になる場合がある
  • 調整や修理に時間がかかることがある
メタルボンド

内側に金属を使用し、表面にセラミック焼き付けた詰め物・被せ物です。

メリット
  • 天然歯に近い白さを再現することができる(ただし「オールセラミック」には劣る)
  • 変色に強い
  • 金属を使用しているので、衝撃に強い
デメリット
  • 内側に金属を使用しているので、光を透過しにくい
  • 長年使用していると、金属が溶け出す可能性がある
  • 内側に金属を使用しているので、金属アレルギーを引き起こす可能性がある

患者さんのお口の中をチェックし、治療が適切かどうかきちんと判断します

例えば患者さんが「オールセラミック」の詰め物・被せ物をご希望になっても、お口の中をチェックし、噛み合わせにゆとりがないなどの理由により治療が適切でないと判断した場合には、よくご説明した上で別の治療方法をご提案することもあります。これは、適切でないにもかかわらず治療を提供することで、患者さんが被る可能性のある「不利益」を回避するためです。
もちろん、当院としても患者さんの希望する治療をご提供したいと思っていますが、それにより不利益を与えてしまっては意味がありません。そのため当院では、「患者さんの利益」を最優先に考えて、治療が適切であるかどうかをきちんと判断するようにしています。

Tel:0745-62-5477