入れ歯・ブリッジ

「入れ歯を装着していることを、周りの人に気づかれたくない」
そんな方は是非、当院にご相談ください
当院がおすすめする「ノンクラスプデンチャー」なら
バネがないので装着しても入れ歯が目立ちません

従来の治療方法とインプラント治療の比較

治療方法 従来の治療方法 インプラント
ブリッジ 入れ歯
ブリッジ 入れ歯 インプラント
良い点
  • 固定式であるため、装着しても違和感があまりない。
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
  • ブリッジでは対応できないような大きな欠損に有効。
  • ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。
    (削る替わりにバネで固定する場合もある。)
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
  • 噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになる。
  • 隣の歯を削る必要がない。
  • 見た目が天然歯に近い。
  • 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。
留意点
  • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある。
  • ボンティック(ブリッジの橋の部分)のの歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
  • 空気がもれて発音が困難になるこちがある。
  • バネによる隣の歯への負担が大きい。
  • 噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる。
  • 取り外して手入れをする必要がある。
  • すぐにガタつきやすい。
  • 口の中に違和感を感じやすい。
  • 食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
  • インプラントをあげの骨に埋め込む手術が必要。
  • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
治療費用
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
  • インプラントは保険適用外であるので自由診療となる。
  • 手術の難易度、埋込本数等により必要な費用が算定されます。

入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジについて

入れ歯とは、歯を失った部分に歯茎を含めた義歯をはめ込み、お口の機能性や審美性を高める治療方法です。すべての歯を失った際に使用するものを「総入れ歯」と言い、1本でも歯が残っている状態で使用するものを「部分入れ歯」と言います。そのほか、歯を失った部分の両隣の歯にブリッジをかけて固定し、義歯をはめ込む「ブリッジ」という治療方法もあります。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット
  • 患者さん自身で着脱できるので、メンテナンスが容易に行える
  • 健康な歯を削る必要がない
デメリット
  • 装着した時に、違和感が生じることがある
  • ぐらついたり、外れたりすることがある
  • 「部分入れ歯」の場合、周囲の歯に負担がかかることがある

ブリッジのメリット・デメリット

メリット
  • 入れ歯よりも違和感が少ない
  • 安定性に優れている
  • 審美性に優れている
デメリット
  • 両隣の歯を削らなければいけない
  • 両隣の歯に負担がかかる

当院が取り扱う入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

顎の骨に埋め込んだインプラントにより、入れ歯を固定させる治療方法です。安定性に優れており、「ぐらつき」や「浮き上がり」を防ぐことができます。また、硬い物でもしっかりと噛むことができます。

金属床

床部分が金属でできた入れ歯です。「耐久性に優れている」「入れ歯を薄く作ることができる」などの特徴があります。また金属を使用しているため、熱伝導にも優れており、食事を美味しく味わうことができます。

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨に埋め込んだインプラントにより、入れ歯を固定させる治療方法です。安定性に優れており、「ぐらつき」や「浮き上がり」を防ぐことができます。また、硬い物でもしっかりと噛むことができます。

当院がおすすめする入れ歯

「入れ歯を装着していることを、周りの人に気づかれたくない」
そんな方には「ノンクラスプデンチャー」がおすすめです。当院では「ノンクラスプデンチャー」のうち、歯茎になじみやすく壊れにくい「TUMデンチャー」を採用しています。こちらは2年間の保証も付いていますので、安心してお使い頂くことができます。

 
 
Tel:0745-62-5477